トップ

インプラントの金属

インプラントのアレルギー問題

インプラントとアレルギー

インプラントの治療では複数の部品が使われていて、中には金属製品も入っています。顎の中に埋め込む人工歯根にはほとんどの歯科医院でチタンという金属を使っています。チタンは金属アレルギーを起こしにくいと言われていますが、まれにその症状を起こすことがあります。海外ではインプラントに使う人工歯根が非金属のジルコニア製のものも有りますので、歯科医師の責任で個人輸入することができます。心配がある人は医師に相談してみることをおすすめします。医院によっては採血やパッチテスト等のアレルギー検査を行ったり、皮膚科で検査をすすめる等の対策をしているところもあります。

アレルギーが起こる可能性

歯医者でのアレルギー問題が、近年話題になっています。ブリッジや入れ歯、差し歯などは一部金属になってしまう場合が多く、過敏な方はインプラントを薦められることが多くなっています。複数の部品が組み合わさって、噛む機能を回復させる治療です。顎に埋め込まれる人工歯根と歯の代用をする上部構造とそれらを連結する部分の3つのパーツから構成されています。インプラントの連結部分は金属か、非金属のジルコニアの中から選択します。金属にほとんどチタン質のモノが主流です。チタンでのアレルギー反応は非常に希ですが、中には反応のある場合もあります。過敏な方はジルコニアなどの方が安心です。

↑PAGE TOP